リフトアップ・フェイスリフト@丸わかりガイド

リフトアップ・フェイスリフトについて詳しくご紹介!


リフトアップの効果

リフトアップと言えば、しわやたるみを目立たなくさせるためには比較的
早期に効果が出る方法です。ではその効果の持続について、それぞれを
さらに詳しく調べておきましょう。それは、効果の持続がリフトアップの
方法によって違ってくるからです。

1 ボトックス法の場合
ボトックス法は、リフトアップの中でも最も手軽に行われる
ものですが、その持続効果は通常3ヶ月といわれています。
ですから、リフトアップ効果を持続させるためには、できれば、
3ヶ月から半年に1回程度ボトックスの注入をお勧めします。
また、このときに、ヒアルロンサンを同時に注入すれば、
効果の持続期間が長くなり、有効です。

2 サーマクールの場合
サマークールなどレーザーを使ったリフトアップの場合は、
即時効果と遅滞効果の2つがあることが特徴です。即時効果
として、肌のはりが出ることがあげられますし、遅滞効果と
しては、コラーゲンの再生が活性化されて、肌質が改善される
効果があります。その持続期間は、ほぼ1年間ですので、比較的
長いですね。ですが、やはり、レーザーによるリフトアップの
場合も一時的にたるみとしわを解消するものだと思ってください。

3 フェザーリフトの場合
これが一番持続期間が長いリフトアップ法です。個人差はあり
ますが、施術前の戻ってしまうのは、5年後から7年後という
ことで、とても長いのが魅力です。しかも、本来の肌年齢よりも
5歳から7歳程度、若く見えるというのは、半永久的に続くと
言いますので、驚きです。

[リンク]ノルマなしのルート営業はあるのか?

ここだけはチェック!リフトアップのポイント!

リフトアップの方法はいろいろありますが、美容整形で行う リフトアップの中から、最後に「フェザーリフト」という 方法をご紹介しましょう。これは、特徴として、皮膚を切ら ないことで、たるみが解消できることです。ほとんどがメス を使いますので施術後の心配はいろいろありました。顔が腫れ てしまったりというのは、施術後は実は結構大変な心労です。   「フェザーリフト」のページへ